健康な食事について考えるブログ

やっぱり和食がいいんです!本当においしくて健康になれる食事って何?一緒に考えましょう。

砂糖の4万倍も甘いアドバンテームとは?アスパルテームを超える味の素の人工甘味料

      2015/09/14

Pocket
LINEで送る

アスパルテームを始め、さまざまな人工甘味料の危険性が明らかとなり、ネット上でも使用反対の声が噴出し続けている矢先…

今度は、なんと砂糖の2万倍から4万倍もの甘味を持つ「アドバンテーム」を味の素が開発し、2014年6月に厚生労働省の認可を得たとのことです。
EUやアメリカでもすでに認可済み。
今後、さまざまな食品に使用され、世界中の食卓と胃袋を侵食する恐れ?があります(笑)

※その前に「アスパルテームって何?」という方は、下の記事をご一読ください。
→ 味の素が製造する甘味料「アスパルテーム」の害・危険性・毒性は何?

グルタミン酸ナトリウムだのアスパルテームだの、世界を股にかけて荒稼ぎしている日本の代表的な食品メーカー“Ajinomoto”。
全く…「日本発 第2のモン○ント」にならなければよいですが(汗)

思い付くままに書きますが、米国の一大バイオメーカー“モン○ント社”は、遺伝子組み換え種子と同社の除草剤「ラウンドアップ」を、インドを始め世界中の不振に悩む農家に売りつけ、種子市場の独占を企てていると噂の絶えないモンスター企業です

モン○ントについて詳しく知りたい方は、例えば以下のリンクのような記事を参考に…。

カレイドスコープ「モンサントに「2011年の最悪の企業」の烙印」

除草剤“ラウンドアップ”については、以前に私が書いた記事をご覧ください。
→<参考リンク「グリシンは、除草剤“ラウンドアップ”の原料にもなっている??」>

そう言えばアスパルテームの開発元も、モン○ントの子会社の薬品メーカーです。
そして、現在そのアスパルテームのシェアは、味の素が世界でもトップを占めているとのこと。
…ますます「日本発 第2のモン○ント」にならないよう祈ってます…(- -;)

その名のとおりアスパルテームの進化版である“アドバンテーム”についても、今後ネット上でさまざまな風評が流れることでしょう。
現在のところは、こんな面白い記事が出ていました。
http://00176mono.at.webry.info/201508/article_215.html

↑この記事は、自ら「キチガイ医」と名乗る、内海聡さんのFacebookの書き込みからの転載です。
Facebook は、たまに時間が経つと読めなくなることがあるので、一応こちらの転用記事にリンクしておきました。

こういった情報は、真偽のほどを問い始めればキリがありません。
まあ話半分に読んでおいてください。

けれども私としては、以前も書きましたが、このような黒い噂が絶えないというその事実自体が、そのモノや事柄の不審さ、怪しさを証明して余りあるものだと考えるのです。

それにしても砂糖の4万倍って…どんな甘さなのか想像すら付きません(汗)
スプーン1杯もなめれば、甘すぎて本当に死んでしまうのではないでしょうか??
あまりにも恐ろしく、自分で文章をまとめて書く気にすらなれませんでしたので、このとおり外部リンクに説明をお任せして失礼します。お許しを…(笑)


>記事の一覧へ

Pocket
LINEで送る