健康な食事について考えるブログ

やっぱり和食がいいんです!本当においしくて健康になれる食事って何?一緒に考えましょう。

どうして主食はご飯がいいの? ②――パンにはない“ご飯”のすごさ

      2015/10/06

Pocket
LINEで送る

gohan
どうして、主食はパンやパスタでなく“ご飯”がいいのか。

その理由は幾つもありますが、今回はそれを分かりやすくまとめてみました。 

① 加工が不要、味も淡泊

パンのパスタの原料となる小麦は、製粉加工が必要です。

それにもっと厄介なことには、日本の地勢や気候は小麦の栽培に適していません。

もちろん南北に長い地形なので、一言で気候と言っても地方によってさまざまであり、例えば北海道など、小麦の生産に力を入れている地域もあります。
ですが全体的に見れば、やはり雨が多い、土地が狭いなど、海外に比べれば劣勢でしょう。

ですので、小麦を本格的に主食とするとなると、どうしても大規模な農場経営が可能な、アメリカやオーストラリアからの安価な輸入に頼らざるを得なくなります。

すると、どうしてもポストハーベスト(農薬)や放射能汚染などの心配をしなければなりません。
食料自給率もますます大幅に落ちてしまいます。

※小麦の抱えるさまざまな問題点については、こちらの記事をご覧ください。
→<参考リンク「小麦の問題点」>

また、我が国でも、戦前戦後など深刻な食糧危機の際には、サツマイモを常食していた時期もありました。

しかし甘みの強いサツマイモは、単独で食べる分にはおいしくてよいですが、他のおかず類とは相性が悪く、毎回の食事の主食としては食べにくいのです。

でもそれらに引き替え、お米は種子(米粒)を収穫、それをただ水で炊くだけで食べられます。
甘味も強くないので、おかずの多様な味わいを邪魔することなく、毎日三度食べても飽きません。

さらに、日本の気候条件は稲作に非常にマッチしていますから、人の身体にも地球環境にも優しい地産地消を実践するのに最適な穀物と言えるのです。

※ 「なぜ、日本の気候は稲作にマッチしているの?」 
この答えはリンク先のページをご参照ください(^^)
北陸農政局 キッズページ よくある質問「なぜ、お米が日本の主食になったんですか」

② 消化吸収が緩やか

パンやパスタなど粉物の食品は、消化吸収が早いため、食べてもすぐに空腹になり、すぐに次の食べ物 (特に、手軽に食べられるお菓子やファーストフードなど) に手を出しがちになります。

それに引き替え、粒食であるご飯は、消化吸収がゆっくりと進むため、空腹になりにくく、余計な間食をとらなくても仕事や勉学に励むことができるので、結果的にダイエットに繋がります。

また、インシュリンの消費を抑える・血糖値をそれほど上昇させない効果もあります。  

③ 最もきれいなエネルギー源

お米の主な成分は、炭水化物と水分です。

炭水化物は糖質と食物繊維であり、糖質はほとんどがエネルギーに変わって体内で消費されていきます。
いわば、非常にクリーンなエネルギー源と言えるでしょう。

一方、たんぱく質や脂質からもエネルギーを得ることはできますが、中性脂肪や腸内の腐敗菌など、余分な物を体内に残しやすいのです。

また、ご飯はお米を水で炊くのですから水分が多く、従って量を多めに食べても太りにくいと言えます。  

④ 低カロリーの日本食のメニューによく合う

味噌汁、焼き魚、野菜や海藻の煮物類など、脂肪分の少ない昔ながらの日本のおかずと相性がよいのがご飯です。

これがパンやパスタだと、脂っこい肉類や炒め物の野菜、ハムやチーズ、味付けもケチャップ・マヨネーズ・ドレッシングをふんだんに使ったおかずとなります。

パンにはバターやマーガリンを塗りますし (ジャムだと糖類が多いですね)、パスタにかけるソースにも油脂類がたっぷり使われています。  

つまりご飯を主食にすることにより、おかずもよりヘルシーになり、健康的に痩せることができるようになるのです。  

⑤ 食品添加物の心配がない

市販のパンの多くには、砂糖・油・食品添加物が多数使われています。  

一方、ご飯は、家庭でお米を炊けば当然それらのものは含まれませんし、市販のレトルトご飯を買うにしても、せいぜい酸味料が少し入っている程度です。

市販パンの添加物については、以下の記事に詳しくまとめています。
今まで気軽に買って食べていた、ワゴンセールの食パンや菓子パンの恐ろしさがよく分かりますよ(・・;)
一度ぜひ目を通しておいてください。
山崎パンだけじゃない!危険な添加物はローソンやセブンイレブンのパンにも…

せめて家では、三度の食事にご飯を食べよう

主食をご飯にするといかに体の健康によいか、お分かりいただけたでしょうか。

ご飯は、できればビタミンやミネラルを含む玄米や雑穀米がおすすめですが、経済的に余裕がない場合は白米でもよいです。
とにかく、パン・パスタ・シリアルなどを食事代わりにするのはやめて、お米 を食べること。

そのほうが、よほど健康的ですっきりした毎日が送れます。
ダイエットにも断然有効ですよ(^^)v
ぜひ「気長に」お米ライフを実践してみてくださいね。

(…と言っても「米粉パン」とかじゃ駄目です(汗)。
ちゃんと、味噌汁に魚、野菜の煮物といった和風のおかずを付けて「粒のご飯」をしっかり食べてくださいね)

>記事の一覧へ

Pocket
LINEで送る